債務整理・自己破産・過払い請求など、借金問題なら司法書士法人ファミリアにご相談ください

債務整理、自己破産、過払い請求などの借金問題を解決して取立てをやめよう!借金を減らそう!

債務整理・自己破産・過払い請求など、借金問題解決の司法書士法人 ファミリア


ファミリア通信 ファミリアグループのスタッフの朝礼や日常をお届けします。

債務整理ホーム >> ブログ >> 2009年9月

記事検索

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

債務整理・自己破産・過払い請求などの借金問題解決はコチラ
債務整理・自己破産・過払い請求の
解決はコチラから

2009年9月 >>  1  2

2009年09月01日

衆議院選挙

日曜日に選挙に行ってまいりました。

いつもと違い、入口に行列ができており、世間の関心の高さがうかがえました。

政局がかわり、雇用情勢がどうかわるのか、注目しております。

法改正情報など、今後、発信していきますので、今後ともよろしくお願い致します。

米澤

posted by スタッフ at 18:59| 日々のあれこれ

2009年09月02日

長期優良住宅の制度

2009年6月から長期優良住宅の制度がはじまりました。
 
これは、
(1) 数世代にわたり受託の構造躯体が使用できること。
(2) 極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、 損傷のレベルの低減を図ること。
(3) 構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、 維持管理を容易におこなうために必要な措置が講じられていること。
(4) 居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措置が講じられていること。
(5) 将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること。
(6) 必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。
(7) 良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。
(8) 良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。
(9) 建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。
 
以上の9つの認定基準が定められているものです。
 
長く、世代を超えて使用できることが要件となっているようです。立替たりしない分エコなんですね。
 
この住宅のよいところは、税金の優遇が受けられることです。 登記手続きにおいては建物所有権保存登記や所有権移転登記の登録免許税の税率が軽くなります。
 
このところ税制の変更や、経済効果に関することを考えると魅力的な制度だとおもいます。
 
ぜひ、私も長期優良住宅を持ちたいものです。
いや、持ってやる!!!
 
長縄
 

posted by スタッフ at 9:28| 日々のあれこれ

平成21年10月1日より、住宅瑕疵担保履行法がスタートします。この法律は新築住宅を
供給する事業者に対して、瑕疵の補修等が確実に行われるよう、保険や供託を義務付けるもので、
平成21年10月1日以降に引き渡される新築住宅が適用対象です。万が一、事業者が


倒産した場合でも、2000万円までの補修費用の支払いが保険法人から受けられます。

「瑕疵」とはわかりやすく言えば「欠陥」のことで、契約の目的物に瑕疵があった場合に、
これを補修したり、瑕疵(欠陥)によって生じた損害を賠償したりする責任のことを
瑕疵担保責任といいます。
尚、住宅瑕疵担保履行法では住宅の最重要部分の瑕疵しか責任を負いませんので、
詳しくは国土交通省の発表を参考にしてください。

この法律によって新築住宅を建てる方にとってのリスクが軽減されることになるのですが、
そもそもこの法律が制定されるきっかけとなったのが「構造計算書偽装問題」です。この偽装によって
マンションの立替えや補修が余儀なくされたのですが、ディベロッパー自体が倒産してしまい、
何十年ローンを組んで一生に一度の大きな買い物をした買主が、さらに莫大な費用を負ってしまいました。

最近では、建築途中にハウスメーカーや建築業者が倒産し、契約金を払ったものの家が完成しないまま
放置されているケースも問題になっています。

法の力によって今後ますますの消費者保護が実現できることを切望いたします。

営業部 横地

posted by スタッフ at 10:45|

2009年09月04日

旅に行ってきました

フランスに行ってきました。
パリは世界中から観光客が集まってくるだけあって
華やかな街並みにただただ圧倒され、歴史の重みを感じさせられました。
パリを離れると、美しい河や緑にあふれた場所がたくさんあり
広大な土地にひまわりやぶどう畑が永遠と続いていて、なんともおだやかな気分にさせられました。
狭い日本では、なかなかこのような風景に出会うことがないですよね。
食べ物に関しては、安いとはいえませんが、フォワグラ、エスカルゴなどなかなか日本では食べないものが
安く美味しくいただけました。ワインが好きな方はワイナリーもたくさんありますし、いろんな旅の楽しみ方が
できるのもフランスならではないでしょうか。アイスクリーム好きな私は、いろんな味のアイスがあって
目移りしてしまいました。好きな方は最高です♪
ぜひ、みなさんもいろんな国に行っていいことも悪いことも全て肌で実感してみてください。


posted by スタッフ at 10:22|

2009年09月07日

「ソフト」闇金

clip_image0018月24日付産経新聞に、ヤミ金に関する記事が出ていました。記事の根拠は、東京情報大学の堂下浩・ 准教授の調査です。

その要旨は、「従来のヤミ金や廃業した業者が、年利40%~80%の『ソフトヤミ金』として暗躍を始めた」というもの。

ご存知のとおり、来年の6月に改正貸金業法が全面施行されます。それに伴い、大手クレジットカードのみならず、 大手消費者金融も新規融資に慎重になっています。しかしながら、法人個人を問わず「つなぎ融資」の需要はこれまでどおり、 あるいは不況によりこれまで以上に存在しています。その需給のギャップが、業者のつけ込む余地のようです。

年利40%というと、そんなに金利がかからないと感じるかもしれません。確かに、例えば9月に10万を借りて、月1万円ずつ法定金利の18% で返済すると約11回で完済するのに対し、40%だと約13回、80%だと約18回で完済しますので、あまり変わらないように思えます。

 ところが、借りる金額が50万円だとどうでしょうか。金利18%で月1万円返済する場合、約94回(7年10ヶ月) で完済するのに対し、40%だと、永久に完済できません。すなわち、金利40%だと、1月あたりの利息が1万6500円になり、 利息分すら払えないためです。年利80%だと、1月あたりの利息は3万4千円にもなります。
 
このことから、高金利での借入は、元金が多いほど、返済期間が長いほど、過酷な状況に陥ることがわかります。

最近の判例により、法定金利を超える利率で借入をした場合には、基本的に元金すら返す必要はありません。しかし、ネットや広告で年利10% 程度の低金利を装って顧客を誘い、勤務先や親族の情報を最大限集めた上で、高金利の契約をさせ、督促をするといった事情があるため、 なかなか表に出てこないのが現実です。

「ソフト」を含めて、ヤミ金は犯罪だから、一切返す必要がない、と言う法律論をかざすのは簡単ですが、現実の相談事例をみると、 もっと社会的で複雑な問題だと思います。現実に存在する資金需要に対して、誰が、どのような方法で応え、 そのリスクは誰が負担するべきなのでしょうか。難しい問題です。


【用語解説】貸金業法(※記事より引用)

貸金業者の規制強化を目的に2006年12月成立。翌年から段階的に施行され、来年6月の完全施行では上限金利を現在の29.2% から20~15%に引き下げ、顧客の総借入残高を年収の3分の1までとする「総量規制」が導入される。 業者は規制を先取りして審査を強化し融資を大幅に絞り込んだ結果、経営が続かず多くが廃業、登録業者数は3年間で3分の1に減少した。また、 大手消費者金融4社の成約率は、3年前の約6割から現在は3割前後に低下。無収入の主婦が借りられなくなるなど、 行き場を失う顧客が増えている。


ozaki

posted by スタッフ at 18:43| 日々のあれこれ

2009年09月08日

名言

みんさん、こんにちは。残暑もまだまだ続きますが、朝方はかなりすずしくなり、半袖では肌寒く感じる季節になってきました。日々、外回りをしていますので、涼しくなると活動しやすいのでこれから年末にかけてピッチをあげていきたいです。

さて、先日、友人の結婚式に行きました。その際に祝辞を送りましたが、その内容を紹介します。

発明王のトーマスエジソンの言葉です。

『1%のひらめきがなければ、99%の努力は無駄である。』

みなさんは、この言葉をどう捉えられますでしょうか?

私はこう思います。

『1%のひらめきがあれば、99%の努力は報われる』

たぶん、1%のひらめきは日々、日常にあふれていると思います。

何事にも全力でトライしていきたいものです。

営業部
加藤

posted by スタッフ at 9:37|

2009年09月09日

遺言書の重要性

 先日当事務所に奥様が亡くなったので不動産の名義変更をしたいということで
ある男性が来所されました。 亡くなった奥様には子供はいなく、親もすでに他界
していました。 この場合、夫と兄弟姉妹が相続人になります。兄弟姉妹は合計
6名おり、その中の一人はすでに亡くなっていました。その亡くなった兄弟には子供
が二人おり、一人は病気で意思判断能力がない状態とのことです。 残念なこと
に遺言書はありませんでした。
 私は話を聞きながら、これは大変な手続きになると思いました。 相続人の数も
多く、中には音信不通状態の人もいてすぐには遺産分割協議できる状態ではなく
また相続人は高齢者ばかりで話し合いが難しいとのことです。さらに意思判断能力
がない人がいるので成年後見人を選任し、成年後見人に遺産分割協議に参加
してもらう必要もでてきます。
 このケースでは特に遺言書があればどんなによかったかと思いました。 兄弟姉妹が
相続人になる場合は兄弟姉妹に遺留分もないので遺言者は自由に死後の財産の
分配を決めることができます。 遺言書があれば複数の相続人との遺産分割協議
を経ることなく、原則遺言執行者又は受遺者一人で相続手続きができます。
 遺言書がないと遺された人たちに紛争が発生する可能性が高まりますし、音信
不通の相続人の捜索、複数相続人との話し合い、成年後見人の申立等面倒な
手続きを強いられる可能性があります。 遺言書さえ書いていればこれらの紛争や
面倒な手続きを防ぐことがことができるかもしれません。 もっと多くの人に遺言書に
ついて真剣に考えてもらい、将来遺された人たちのためにも遺言書を書いてほしい
と思います。
 
佐藤
 
 

posted by スタッフ at 18:41| 日々のあれこれ

2009年09月10日

日々の疲れ

最近夜涼しくなり寝やすくなってきました。
その分朝起きるのが辛い今日この頃です。
皆さんクエン酸をご存知ですか?
クエン酸は体の疲れを取ったり、腸を綺麗にしてくれる作用が
あります。
寝る前に飲んで寝ると朝すっきり目覚めることが可能です。
ぜひ試してみてください。
 
佐原

posted by スタッフ at 19:11| 日々のあれこれ

2009年09月11日

司法書士のお仕事

ファミリアに入社して約一ヶ月半が経ちました。

これまで「司法書士」の仕事内容については素人同然の私でしたが、
この一ヶ月間で「司法書士」という職業は、多くのお客様のお役立て
出来る身近な存在だと感じております。

毎日たくさんの方々より相談のお電話やメールを頂きます。
ファミリアの資格者達はもちろん、スタッフ一人ひとりが親身になって
対応し、悩みなどを解決するお手伝いをさせて頂いております。

会社設立、不動産登記、相続、債務などについて、ご相談がござい
ましたら、お気軽にご連絡ください。

伊藤

posted by スタッフ at 16:38| 日々のあれこれ

2009年09月14日

サウナへ☆GO

運動不足が深刻化しております。
どうも、川島です。

先日、久しぶりに温泉施設に行く機会がありました。
私は、そういった場所に行くと必ずサウナに入ることにしております。

サウナは良いです。
血行を良くし、肌がぴちぴちになります。
日々の反省をし、自分を見つめなおす時間にもなります。

ちなみに私の中にはルールがあります。
自分の次の次にサウナに入って来た人よりも先には出ません。

何やらサウナに入ると、他の方が全員ライバルに感じるのはなぜなのでしょうか。

posted by スタッフ at 18:18| 日々のあれこれ