債務整理・自己破産・過払い請求など、借金問題なら司法書士法人ファミリアにご相談ください

債務整理、自己破産、過払い請求などの借金問題を解決して取立てをやめよう!借金を減らそう!

債務整理・自己破産・過払い請求など、借金問題解決の司法書士法人 ファミリア


ファミリア通信 ファミリアグループのスタッフの朝礼や日常をお届けします。

債務整理ホーム >> ブログ >> 2010年3月

記事検索

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

債務整理・自己破産・過払い請求などの借金問題解決はコチラ
債務整理・自己破産・過払い請求の
解決はコチラから

2010年3月 >>  1  2  3

2010年03月01日

士業とサービス業

士業とサービス業は相反するものだという考え方があります。

確かにお客様の依頼に、専門的な知識でお答えするのが士業の職務です。

しかしそれ以上のことを求めることはいけないことでしょうか?

先日、体調を崩しドラッグストアで薬を購入しました。

薬剤師さんは体調の悪い私の様子を見て、購入した薬をその場で開封してくれて
コップにミネラルウォーターを用意してくれました。

お客様の依頼+必要に応じた付加業務を提供してこそ、依頼者の満足を得られる
と私どもは考えております。

これからも、全てのお客様に満足していただけるような業務を提供してまいります。


調査士部門 金林

posted by スタッフ at 19:10| 日々のあれこれ

2010年03月04日

体重計

2月に体調を崩した時に、体重が2キロほど減りました。
うれしくなって、それ以降はほぼ毎日体重計にのっています。

今はすごく元気になったのですが、体重は増えていません。
増やさないように努力しています。
毎日食べるもののバランスをとって、体重を増やさないようにしています。

今までは、食べたいものを食べたいときに食べる生活をしていたのですが、
生活を改善したことで、自己満足からか、心も健康になった気がします。
この調子で頑張ります!

平田


posted by スタッフ at 18:30| 日々のあれこれ

自己破産について、偏頗弁済(へんぱべんさい)という行為が問題になることがよくあります。
偏頗弁済とは、債務の支払いができなくなった後に、一部の債権者のみに債務を返済する行為のことです。
偏頗弁済をすると、その債権者に対して返済したお金を回収しなければならなくなったり、裁判所に自己破産の申立てをしても免責されなかったりする可能性があります。

なお、債務の支払いができなくなった時期というのは、“債権者に対して一般的・継続的に支払いを行うことができなくなった時期”を基準に判断されます。ただ、この時期を厳密に判断することは難しく、問題ないと思っていた返済が、実は偏頗弁済にあたる返済だったと判断される場合もあります。

また、対象となる債権者には、個人の債権者も含まれますので、たとえば債務の支払いができなくなった後にお金が必要になり、家族や友人からお金を借りて、借りた分は少しずつ返したというケースも、偏頗弁済にあたります。こういったケースは非常に多いので、十分な注意が必要です。

このような事態に陥らないためにも、現在、借金の返済をしている方は、今後の支払いが厳しいと感じたら、それ以上借り入れ・返済をせず、まず一度専門家に相談するようにしてください。

原子

posted by スタッフ at 20:27| 日々のあれこれ

2010年03月05日

十人十色 一期一会

昨日、お客様にお誘いいただいて異業種交流会に参加してきました。様々な業種の方がいらっしゃり、たくさんの方とお話しすることができました。

お話した方の数だけ、性格も、考え方も、今までの経験も様々で非常に楽しい会でした。社内や、同業種、友人など特定のコミュニティだけに依存してしまうと、井の中の蛙になってしまって、どうしても視野が狭くなってしまいます。

いろんな方の考え方や意見に耳を傾けることで、今まで考えもしなかった発想が生まれたり、刺激になったり、必ず自分にとってプラスになると思います。特に何かを頑張っている方々の集団はエネルギーを感じ、相乗効果で自分もパワーをもらえます。

私は人と人との出会いやつながりを大切にしたいと思っているので、またこのような機会があれば積極的に参加したいと思います。


ちなみに昨日出会ったセレクトショップの店長さんのところに、明日さっそく服を買いに行きます。


横地

posted by スタッフ at 12:39| 日々のあれこれ

昨日は、友人の結婚式の二次会に参加しました。
今回は二次会の司会を任せられていた。
二次会の司会は初めてでしたので、あたふたしましたが、
二人の幸せそうな顔と、二次会の後に御礼の言葉をいただき、
とても充実した会でした。
 
仕事でも遊びでもそうですが、全力で取り組んだ後の充実感は
言葉には表せない感動があります。
今後も、仕事でもお客様に満足をしていただき、最後に喜んでいただけるよう努力していきたいと思います。
 
営業部 加藤

posted by スタッフ at 8:55| 日々のあれこれ

2010年03月09日

働きやすい職場

当事務所では、仕事や仕事以外においても常にお互いに「ありがとうございます」という言葉を
言っているのをよく耳にします。
基本のあいさつの一つだと思って、あたりまえだと思う方も多いと思いますが、
やはり、社内でもこのような言葉が多いということはとてもうれしいことでもあり、
仕事をしていくうえでも、プラスになっていると思います。

あたりまえのことをあたりまえにするというのは、できるようでできないものです。

たとえ、上下関係があっても、同僚の立場でも、常に感謝の気持ちを忘れずに
このように一言「ありがとうございます」という言葉を言うことによって、
モチベーションもあがり、お互いに気持ちよく仕事をしていける事務所になって
いくはずです。

今後も、このような気持ちのよい環境ををずーっと築いていけるような職場に
していきたいものです。

武田

posted by スタッフ at 12:53| 日々のあれこれ

2010年03月10日

一言(ひとこと)の力

最近がふったり、日本海側ではが降ったりと例年では考えられない天気がつづいていますね。
 
なんだか迷走している日本を反映しているようです。
 
ところで、最近マクドで単品を頼むとセットはいかがですか?とたずねられました。この一言(ひとこと)があるがためにマクドは日本(?)のハンバーガーショップになっているのではないかと思っています。
私も、お客様に「そのほかには、ご相談したいこと等はございませんか?」と一言(ひとこと)お聞きすることで、そのお客様のために力になれることを探す努力をしていこうとおもっています。
 
「司法書士事務所」の仕事内容は多岐にわたっているのに、お客様に知られていなくてお力になれるのになれていない部分があると思います。お客様にとっては何を売っているかわからないお店を営業してるのと同じかもしれません。
 
一言(ひとこと)を伝えることでそうした溝を少しでも埋められたらよいと思っています。
 
これもまた、当事務所の経営理念である「仕事を通して縁のある人々の幸せを実現する」という、一期一会を大切にしたいという思いでもあります。
 
登記部門 長縄
 

posted by スタッフ at 16:47| 日々のあれこれ

2010年03月11日

小さな「ミス」

仕事をする上で、気をつけていることがいくつかあります。
 
そのひとつが、小さな「ミス」を見つけることです。
 
大きなミスをしたときは、誰が見てもミスですから、それに気づき、改善することは容易です。
 
しかし、小さな「ミス」というのは、依頼者のニーズやそのときの状況判断にもよるので、そもそもミスなのかどうかという点で、人によって評価が異なることがあります。
 
そうすると、自分では言われない限り気付かないということになり、改善もできない可能性があります。社会人である以上、人から指摘されることを期待するのは難しいですから、自分でいかに気付いていくか、ということが重要になるかと思います。
 
そのために、一旦自分の価値観や評価から離れて、相手の立場に立って、具体的に考えてみることを心がけています。どこまで具体的に考えることができるか、という点がポイントだと思います。
 
実際は難しいことですが、そう心がけることで少しでも改善できればと思っています。
 
尾崎

posted by スタッフ at 11:12| 日々のあれこれ

 先週末に友人と劇団四季の「オペラ座の怪人」を観てきました。

 大学時代から四季の作品に魅せられ、名古屋では見れない作品は
京都等に出向いて鑑賞したり、同じ作品を違う役者さんで見るために
何度も見に行ったりします。

 先日の作品も‘ステージ’という限られたスペースの中で様々な工夫
がなされ、オペラやバレエの演出で「ライオンキング」や「マンマミーア」
とは違った四季の魅力を体験しました。

 “ミュージカル”というものに普段あまり触れる機会は少ないかもしれ
ませんが、一度ご覧いただければ、いつもと違った雰囲気を味わって
いただけると思います。

伊藤
 

posted by スタッフ at 15:24| 日々のあれこれ

2010年03月15日

相続放棄の注意点

亡くなられた方の財産よりも負債の方が多い場合、負債はもちろん財産をも一切相続しないという相続放棄。

この手続を検討する際に是非ご注意頂きたいことがあります。

それは、相続放棄の可能性がある段階、さらに言うと相続放棄をする可能性がゼロにならない限りは相続財産の一部であっても処分しない(手をつけない)ということです。

相続放棄をする上でいくつか制約があります。相続開始を知ってから3ヶ月以内という期限がよく言われますが、いくら期限内であっても相続財産のほんの一部でも処分してしまうと相続放棄ができなくなる可能性もありますので十分ご注意ください。

蜂須賀

posted by スタッフ at 19:53| 日々のあれこれ