債務整理・自己破産・過払い請求など、借金問題なら司法書士法人ファミリアにご相談ください

債務整理、自己破産、過払い請求などの借金問題を解決して取立てをやめよう!借金を減らそう!

債務整理・自己破産・過払い請求など、借金問題解決の司法書士法人 ファミリア


ファミリア通信 ファミリアグループのスタッフの朝礼や日常をお届けします。

債務整理ホーム >> ブログ >> ランスの法則

記事検索

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

カテゴリー

過去ログ

債務整理・自己破産・過払い請求などの借金問題解決はコチラ
債務整理・自己破産・過払い請求の
解決はコチラから

2017年05月12日

ランスの法則

本日は誰にでも起こりうる法則を見つけましたのでご紹介いたします。

[ランスの法則]・・・物事がうまく運んでいるなら、いらぬ手をくわえるな

順調に物事が運んでいるのに絶えず改良、あるいは向上しなければならない、

とおもっているを皮肉った法則です。

身近な話で例えると、人気レストランのメニューによけいな手が加えられて

まずくなってしまった・・・

の様な経験を一度はされた方も多いかと思います。

もちろんレストランのシェフはお客様を更に満足させようと思って

行った事と思いますが、客はいつもの味を求めていたので、

改良した料理が裏目に出てしまい、結果的に店の評判を落としてしまうのです。

世界的な某有名ブランドも良かれと思った事が

裏目に出てしまった事がありました。

2010年10月にブランドロゴが、突然新しいデザインに変更されたのですが、

変更後のロゴは消費者から大きな不評がでて、

同社は強いバッシングを受けてしまいました。

そのためわずか一週間で新しいロゴをとりやめ、

元のロゴに戻すという失態を演じてしまい、

広告や宣伝費、全世界の2000店舗以上のディスプレイに投じた

多額の費用が無駄になりました。

最終的には顧客の信用を失った責任で、担当役員の辞職もあったそうです。

改良改善はどの業種も必要不可欠だと思います。

私生活においても改善はとても重要だとおもいますが、

時代の流れ・ニーズ等を読み間違えると元よりも良くなるどころか、

むしろ悪化してしまう事もあるのだと念頭に入れながら、

様々な事を改善していければと思います。


測量部門 山口



「ファミリア」は英語のfamiliar「親しみやすい」

名古屋で債務整理、過払い請求
名古屋で相続、遺言、贈与
名古屋で不動産登記、会社設立、商業登記
名古屋で登記・測量・農転・開発相談

posted by ファミリアスタッフ at 17:28|