トップ > 司法書士のコラム > 債務整理コラム_01 > 自己破産と家財道具

自己破産と家財道具

2014.09.08

自己破産をしても、家財道具などすべての財産が取り上げられるわけではありません。

 

破産者及び家族の生活に欠くべからず衣類家具寝具は差押禁止物になり破産財団に属しないので資産としてカウントしません。

 

自己破産すると、家財道具に赤紙が貼られたり家族の財産も没収されると思っている方もいますがそんなことはありません。しかし、破産申立てをするときは家財道具目録を提出しきちんと申告なければなりませんので注意してください。




司法書士 國枝


 

 

一覧へ戻る

 

前のページに戻る

【司法書士法人ファミリア】をご覧の皆様へ

借金問題の無料相談をお受けしております。過払い請求、債務整理、自己破産、個人再生、特定調停など、あなたに最適な解決方法をご提供いたします。借金問題の解決は、名古屋駅から徒歩3分の名駅事務所、丸の内駅から徒歩3分の丸の内事務所がある、司法書士法人ファミリアにお任せください。