トップ > 司法書士のコラム > 債務整理コラム_01 > 自己破産から任意整理へ方針が変わる場合

自己破産から任意整理へ方針が変わる場合

2014.03.25


お客様の生活状況などが変わると、手続きを進めている間でも、方針を変更する場合もあります。

今回は、自己破産(借金をゼロにする手続き)で進めていたけれども、任意整理(借金を減らす手続き)に変更した方の代表的な例をご紹介いたします。

  1. 債権者(消費者金融)から取引き履歴を取り寄せて計算してみると、思っていた以上に債務が減ったり、過払い金が発生していた。
     
  2. ご依頼をいただいた時は、一人暮らしだった方が、 実家に戻られたことでそれまでの家賃等生活費諸々が返済に充てれるようになった。
     
  3. 手続き進めている間に就職できた。

などなど。


すべてのケースで当て嵌まるわけではないですが・・・。
兎に角、始めてみないと何も判りませんし、変わりません。

ファミリアではお客様としかっりコミュニケーションをとって、
お客様の状況に合わせて、最善の手続き方法を一緒に考えていきます。 

 

事務局 宮崎

 

 


 

 

一覧へ戻る

 

前のページに戻る

【司法書士法人ファミリア】をご覧の皆様へ

借金問題の無料相談をお受けしております。過払い請求、債務整理、自己破産、個人再生、特定調停など、あなたに最適な解決方法をご提供いたします。借金問題の解決は、名古屋駅から徒歩3分の名駅事務所、丸の内駅から徒歩3分の丸の内事務所がある、司法書士法人ファミリアにお任せください。