トップ > 司法書士のコラム > 債務整理コラム_01 > 妻が保証人になっていると自己破産したら影響うけますか?

妻が保証人になっていると自己破産したら影響うけますか?

2014.06.18

結論から言うと影響を受けます。

主債務者(この場合、夫)が自己破産をすると保証人が支払いをしなくてはいけません。
ですから保証人である奥さんが今後支払いをしていくことになりますので、
支払いをしていくことが困難であれば奥さんも一緒に自己破産をすることになります。


しかし、奥さん自身に他の借金がなく、保証人として支払いをしていけるのであれば
自己破産をする必要はありません。


ただし、主債務者(夫)が支払っているとみなされて
偏頗弁済(へんぱべんさい)とみなされることもありますので、
自分で判断することなく専門家にご相談ください。


司法書士 加藤


 

 

一覧へ戻る

 

前のページに戻る

【司法書士法人ファミリア】をご覧の皆様へ

借金問題の無料相談をお受けしております。過払い請求、債務整理、自己破産、個人再生、特定調停など、あなたに最適な解決方法をご提供いたします。借金問題の解決は、名古屋駅から徒歩3分の名駅事務所、丸の内駅から徒歩3分の丸の内事務所がある、司法書士法人ファミリアにお任せください。