破産と預貯金

2014.08.25

破産の申立ての添付書類には、申立人の全ての預貯金の通帳のコピーが必要です。

だいたい過去1,2年分くらい前からの取引が記載されている必要がありますが、
長い間記帳していない場合は「おまとめ」として出入金の合計額しか記載されていません。

その場合は、金融機関からその期間の取引明細を出してもらいます。


また、現在使用していない預金通帳も必要です。
そもそも長い間利用していない場合は、
1,000円くらいお金を少し出し入れしてそれを記帳することにより、
利用していないことがわかるようにしていただければと思います。


司法書士 國枝


 

 

一覧へ戻る

 

前のページに戻る

【司法書士法人ファミリア】をご覧の皆様へ

借金問題の無料相談をお受けしております。過払い請求、債務整理、自己破産、個人再生、特定調停など、あなたに最適な解決方法をご提供いたします。借金問題の解決は、名古屋駅から徒歩3分の名駅事務所、丸の内駅から徒歩3分の丸の内事務所がある、司法書士法人ファミリアにお任せください。