トップ > 司法書士のコラム > 債務整理コラム_01 > 破産手続きをするかどうかの基準

破産手続きをするかどうか金額の基準

2014.10.14

 

借金の相談で、破産手続きをする借金の基準としては、その方の現在の手取りの年収から生活費などを除いた金額の3年から5年分以上の借金を抱えて いる場合には、任意整理などでの分割返済は難しく支払不能の状態であると思われます。

実際、借金が150万円ぐらいまでの場合は、任意整理などの手続をする場合が多いです。
しかし、100万円未満であっても破産手続きをした方がよい場合もありますので、ご自身で判断する前に専門家にご相談ください。

 

ファミリアでは、司法書士がしっかりお話をお伺させていただいた上で、最善の解決方法をご提案させていただいております。相談は無料ですので、ぜひご利用ください。

 

司法書士 國枝


 

 

一覧へ戻る

 

前のページに戻る

【司法書士法人ファミリア】をご覧の皆様へ

借金問題の無料相談をお受けしております。過払い請求、債務整理、自己破産、個人再生、特定調停など、あなたに最適な解決方法をご提供いたします。借金問題の解決は、名古屋駅から徒歩3分の名駅事務所、丸の内駅から徒歩3分の丸の内事務所がある、司法書士法人ファミリアにお任せください。