トップ > 司法書士のコラム > 債務整理コラム_01 > 個人再生をしたいのですが給料を差し押さえられた場合どうしたらいい?

個人再生をしたいのですが給料を差し押さえられた場合どうしたらいい?

2015.1.7

 

個人再生をしたいのですが、給料を差し押さえられた場合どうしたらいいですか?

個人再生手続きの申立て以後に強制執行中止命令の申立てをするか、
裁判所と協議のうえ、個人再生手続きの開始決定を急いで出してもらうようにして、
強制執行を止めるようにします。

その後、開始決定があったら、強制執行の停止の上申をすることになりますので、
給料の差押えを免れる事ができます。

少し専門的になってしまいますので、わかりにくことも多いかと思います。
何れにせよ、裁判所から書類が来た場合はすぐに専門家に相談して、
急いで手続きをする必要があります。

届いた書類の内容がわからない時も、お電話で構いませんので一度ご相談ください。

 

司法書士 加藤


 

 

一覧へ戻る

 

前のページに戻る

【司法書士法人ファミリア】をご覧の皆様へ

借金問題の無料相談をお受けしております。過払い請求、債務整理、自己破産、個人再生、特定調停など、あなたに最適な解決方法をご提供いたします。借金問題の解決は、名古屋駅から徒歩3分の名駅事務所、丸の内駅から徒歩3分の丸の内事務所がある、司法書士法人ファミリアにお任せください。