トップ > 司法書士のコラム > 債務整理コラム_01 > 借金と時効と信用情報

借金と時効と信用情報

2016.7.11

何年も払っていない借金があり、時効期間が経過しており、
債権者から借金の請求もなくそのままにしている場合、
信用情報はどうなるのでしょうか。

原則的には延滞情報が載り続けます。

時効期間が経過したからといって
自動的に信用情報が消えるわけではありません
ので、
新規のローン契約や新規のクレジットカードの契約が難しいです。

5年以上経過して債権者からも請求がこないので
もう時効で払わなくてもいいと思っていても、
いざ住宅ローンや自動車ローンを組もうとしたり、
クレジットカードを契約しようとしても審査が通らないことになります。

債権者から請求がこないからといってそのままにしておくのではなく、
きちんと時効の手続きをすることをおすすめします。


時効の手続きをした場合の信用情報についての詳しくは
ぜひお問い合わせ下さい。

 

 

司法書士 國枝

 

 

 

 

 

 

 

前のページに戻る

【司法書士法人ファミリア】をご覧の皆様へ

借金問題の無料相談をお受けしております。過払い請求、債務整理、自己破産、個人再生、特定調停など、あなたに最適な解決方法をご提供いたします。借金問題の解決は、名古屋駅から徒歩3分の名駅事務所、丸の内駅から徒歩3分の丸の内事務所がある、司法書士法人ファミリアにお任せください。