トップ > 司法書士のコラム > 債務整理コラム_01 > 破産手続きと生命保険

破産手続きと生命保険

2014.07.16

破産手続きをする方が生命保険に入っている場合、
保険証券を提出する必要があります。


また、生命保険には掛け捨てと積立型がありますが、
積立型の保険は保険を解約したときに解約返戻金が発生し、これは資産とみなされます。

名古屋地方裁判所の場合、
この「解約返戻金の合計が30万円以上の場合には、管財事件」になります。

「ただし、現に医療給付を受けているか将来医療給付を受ける蓋然性が高い場合、
あるいは高齢で再度の保険加入ができない場合などは、
生命保険の貯蓄を否定して資産として評価しない扱いにすることもできる。」
としています。

破産手続きでは、保険は重要になりますので詳しくはぜひご相談ください。

司法書士 國枝


 

 

一覧へ戻る

 

前のページに戻る

【司法書士法人ファミリア】をご覧の皆様へ

借金問題の無料相談をお受けしております。過払い請求、債務整理、自己破産、個人再生、特定調停など、あなたに最適な解決方法をご提供いたします。借金問題の解決は、名古屋駅から徒歩3分の名駅事務所、丸の内駅から徒歩3分の丸の内事務所がある、司法書士法人ファミリアにお任せください。