トップ > 債務整理の相談室 > 債務整理の相談室の答え > Q6:借金を相続させたくありません

債務整理の相談室

Q6

 

soudanshitsu_q06.jpg

 

自分が亡くなった後、子供たちに借金を相続させたくありません。
 

A6

     

 

 

 

 

 

借金を相続させたくないのであれば、「亡くなる前」や「判断能力が低下する前」に早めに専門家に相談して、債務整理することが重要です。

特に高齢者の場合、貸金業者との取引期間が長期にわたるケースが多いため、 利息制限法に基づく引き直し計算をすると、借金が既になくなっており、「過払い金」が発生している可能性もあります。

仮に多額の借金が残った場合でも、「自己破産手続き」を取ることで 借金を免除してもらえるため、借金を相続させる心配はなくなります。


相談室へ戻る

前のページに戻る

【司法書士法人ファミリア】をご覧の皆様へ

借金問題の無料相談をお受けしております。過払い請求、債務整理、自己破産、個人再生、特定調停など、あなたに最適な解決方法をご提供いたします。借金問題の解決は、名古屋駅から徒歩3分の名駅事務所、丸の内駅から徒歩3分の丸の内事務所がある、司法書士法人ファミリアにお任せください。