トップ > 司法書士のコラム > 債務整理コラム_01 > 生活保護を受けていて自己破産の費用を支払えない

生活保護を受けていて自己破産の費用を支払えない

2014.11.11

『生活保護を受けていて自己破産の費用を支払えないのですが
どうしたらいいですか?』

 

ご安心ください。
経済的にお困りで報酬が支払えない人は法テラスを利用する事ができますが、
法テラスは費用の立替制度なので分割により報酬を支払う事になります。

しかし、生活保護を受けている人は申請することにより、
報酬の免除を受ける事ができますので、
生活保護を受けている人でも安心して自己破産をすることができます。

退職や転職、あるいは生活環境の変化などで、
返済していくことが難しくなるケースもあると思います。

 

そのような時は、ひとりで悩まず専門家にご相談ください。

 

司法書士 加藤


 

 

一覧へ戻る

 

前のページに戻る

【司法書士法人ファミリア】をご覧の皆様へ

借金問題の無料相談をお受けしております。過払い請求、債務整理、自己破産、個人再生、特定調停など、あなたに最適な解決方法をご提供いたします。借金問題の解決は、名古屋駅から徒歩3分の名駅事務所、丸の内駅から徒歩3分の丸の内事務所がある、司法書士法人ファミリアにお任せください。