トップ > 司法書士のコラム > 債務整理コラム_01 > 1軒の建物を区分登記している二世帯住宅の個人再生はできますか

1軒の建物を区分登記している二世帯住宅の個人再生はできますか

2014.12.01

 

結論から言うとできます。

通常、区分登記して住宅ローンを組むと、
お互いが後順位の担保を設定する事になるため、原則できません。

しかし、今回ご相談いただいたお客様の場合は、
1軒の建物で区分登記をしていることから、親子で持分を分けて登記して住宅ローンを組む、
いわゆるペアローンの手続きを応用した形で個人再生手続きをすることができました。

複雑で特殊な手続きのため、詳しい事はご相談ください。

司法書士 加藤


 

 

一覧へ戻る

 

前のページに戻る

【司法書士法人ファミリア】をご覧の皆様へ

借金問題の無料相談をお受けしております。過払い請求、債務整理、自己破産、個人再生、特定調停など、あなたに最適な解決方法をご提供いたします。借金問題の解決は、名古屋駅から徒歩3分の名駅事務所、丸の内駅から徒歩3分の丸の内事務所がある、司法書士法人ファミリアにお任せください。