個人再生とは(6)

2015.10.13

自己破産の申立てには、

2か月分の家計簿を提出しなければなりません。

家計簿をつけたことがない方にとってとても面倒なことです。

しかし、自己破産の手続きが終わった後のアンケートなどでは、

「家計簿をつけるようになって、

 何にお金を使っているのかわかってよかった」

とよく言われます。

自己破産は、借金を免除する手続きというより、

生活再建の手続です。

自己破産の手続が終わっても

家計簿を作るのを続けていただくようお願いしています。

 

離婚をして家を売却しましたが、住宅ローンが残ってしまい、

どうしたらいいかと相談されることがあります。

住宅ローンの残債務については、

よく債権者から払える金額でいいから払ってといわれますが、

そのまま払い続けても延滞利率が適用されているため、

無くなることは通常ありません。


ですから、自己破産か個人再生、任意整理

という方法をする必要があります。


ただ、収入が安定していて、他に財産もあり、

自己破産までする必要が無い方は、

個人再生か任意整理を選択することになります。


ですが通常売却後の住宅ローンの残債務は高額になるため、

なかなか任意整理で払うのは難しいことが多いので、

個人再生手続きを行い、残債務を5分の1(通常)にして、

3年間(原則)の分割による支払いをすることで、

残りの5分の4を免除する方法を取るのが望ましいと思います。


住宅を売却=自己破産ではないですから、

迷っている人はご相談ください。

 

司法書士 加藤

 

前のページに戻る

【司法書士法人ファミリア】をご覧の皆様へ

借金問題の無料相談をお受けしております。過払い請求、債務整理、自己破産、個人再生、特定調停など、あなたに最適な解決方法をご提供いたします。借金問題の解決は、名古屋駅から徒歩3分の名駅事務所、丸の内駅から徒歩3分の丸の内事務所がある、司法書士法人ファミリアにお任せください。