トップ > 司法書士のコラム > 債務整理コラム_01 > 自己破産と友人の借金

自己破産と友人の借金

2014.07.23

 

自己破産の手続きにおいては全ての債権者を申告していかなくてはなりません。

申告しないと、その債権者に対する債務が原則として免除されないことになります。
また、友人や親族からの借入れも例外ではありません。

よく、「友人の借金だけは返済したいので。。。」と相談をうけることがありますが、
このように知りながら債権者の一部を申告しないと免責がおりなくなる可能性があります。

破産手続きをする場合は、申告漏れの債権者がいないか
しっかり確認するよう注意してください。

司法書士 國枝


 

 

一覧へ戻る

 

前のページに戻る

【司法書士法人ファミリア】をご覧の皆様へ

借金問題の無料相談をお受けしております。過払い請求、債務整理、自己破産、個人再生、特定調停など、あなたに最適な解決方法をご提供いたします。借金問題の解決は、名古屋駅から徒歩3分の名駅事務所、丸の内駅から徒歩3分の丸の内事務所がある、司法書士法人ファミリアにお任せください。